未分類 タニヤンのダイブ日記 - ダイビングショップ デジャヴ グアム店より発信しているブログ -

タニヤンのダイブ日記

タニヤンのダイブ日記グアムの海を潜って、はや10年以上のタニヤンが、グアムに住み、グアムの海を愛し本当に楽しめるダイビングを広めようと日夜、考えを巡らせている、そんなダイビング日記です。

 

スポンサーサイト

-- / -- / -- ( -- )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑

ゆらゆらな海がいい・・・

2006 / 11 / 26 ( Sun )

さて、今日は”オアシス”のお話です。
OASIS:生活の疲れなどをいやすために時々行く場所の意にも用いられる。(新明解国語辞典)

オアシスと言う言葉の響きにはなにかこうほっとしたやすらぎを感じます。
それは会社帰りに立寄る居酒屋とか焼き鳥屋と言うよりはむしろ小料理屋て感じでしょうか?(この辺、かなり判りやすいたとえだな??)

ダイビング中にオアシスを見つけることはありませんか?
サンゴ礁をダイビング中に突然”イソギンチャク”を発見した時、なぜかホッとしませんか?

そうです”イソギンチャク”は海のオアシスなんです。
かといってスナイソギンチャクやハナブサイソギンチャクを見てオアシスとは思いませんね。(危ない、危ない)

あくまでクマノミと同居を許されたいわばエリ?トイソギンチャクに限定したい。
センジュイソギンチャクはその触手が稲庭うどんの様に伸び、
ゆらゆら揺れる姿が実に暖かな感じをかもしだしています。

体壁を底からはがすと今度はイソギンチャク全体が流れに身をゆだね
まるでフラメンコダンスのスカ?トの裾の様に乱舞してステキですね。

パイ生地をドッテと広げた様なイボハタゴイソギンチャクも真上から見ると
その文様が格調高い着物の柄の様にも見えます。(見えないかな???)

何と云ってもイソギンチャクをオアシスと言わしめるのに一役買っているのがクマノミ達で、まぐろと醤油、ゆで卵とマヨネ?ズの関係の様に切ってもきれません。

特にカクレクマノミはクマノミ界の王者といっても過言ではなく、
ファインディング・ニモでも主役に抜擢されるほどです。

確かにハマクマノミやハナビラクマノミもそれなりに可愛いのですが、
カクレクマノミは色やデザイン、体形が勝っていますね。

可愛いクマノミですが見た目より攻撃的で気が荒いサカナなんです。
うろこも見た目は金魚みたいなソフトなイメ?ジがありますが意外とハ?ドです。
クマノミも見かけによりません。(サカナだけじゃないこど・・・・)

グアムでオアシス的ショップを目指していますが、
イソギンチャク以上に毒気が強いおやじのせいか?あまりダイバ?が寄り付きません・・・・・。


P1010069.jpg

スポンサーサイト

15:28:30 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

飽きない海がいい・・・

2006 / 11 / 25 ( Sat )

 イメ?ジは大切である。

人はイメ?ジアップしたと言われては歓喜しその喜び方は天へ舞い上がるほどです。
逆にイメ?ジダウンなどと言われた時の落胆は二度と立ち直れないほど挫折してしまいます。

一度植え付けられたイメ?ジはなかなか変えることが出来ませんから困る場合もあります。
特にサカナ達は本人には関係なくそのイメ?ジが人気のバロメ?タ?になってしまいます。

クマノミ達は・・・・
その大きさや形、色合いやしぐさで”可愛いイメ?ジ”があります。
でも意外と気が強い、指を目の前に出すと果敢に攻撃してきます。
見た目の可愛らしさからは想像ができません。

イソマグロ君は・・・・
やはり回遊魚らしくその魚体は力強さがみなぎっているイメ?ジがあります。
それは幼魚でも成魚でも変ることがなく元気印の象徴の様に清々しく見えてしまいます。
でもマグロって言葉は心をくすぐりますね・・・

タテジマキンチャクダイは・・・
いかにも南のサカナって言う華やかなイメ?ジがありますね。
見た目よりもずっとシャイでガ?ドが硬くなかなかダイバ?を寄せ付けません。
ガ?ドの硬さがいまいち人気を盛り上げない原因なんでしょうか?

ナポレオン様は・・・
なんとなくナポレオン様って感じです。(その昔、杉良太郎をお杉様と言っていたあの感じ?)
大きさ、動き、色合い正にダイバ?の人気者(魚)にふさわしいですね。
気が向くと目の前までやって来る事がありその気まぐれさが人気の秘密なのかもしれません。

ウツボは・・・
呼び捨てが似合う。
どう見ても悪役顔ですが根は臆病で優しいサカナなんですがそのイメ?ジは伝えにくい。
スキンシップをしても何時もドキドキで心が許せません。

マダラトビエイ・・・・
見た目や大きさもダイバ?を引き付ける魅力を持っています。
街で見かける芸能人でも身近に感じる人と雲の上に感じる人がいますがその前者の様です。
臆病っていうか小心者のところがまた可愛い・・・・

ダイビングショップも雑誌なんかに華々しく紹介されているショップの方がイメ?ジはいいですね。
だったらせめてキャラクタ?だけでもイメージアップを・・・・。
金髪に染めtattooでも入れたらもっとお客様が増えるかしら??  


P1010240.jpg

14:26:27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

サカナはうまい・・・・

2006 / 11 / 24 ( Fri )

 タレントの選び方の中で恋人にしたいとか妹みたいとか新妻にしたいタレントとかいますね。
タレントでも見られ方はいろいろってことです。

それじゃサカナもいろいろな見方をされてもいいのではないかと・・・
今は可愛いとか珍しい、大きいって事が中心ですが”うまい”って言う見方はダメなのかしら?

チョウチョウウオ系やヤッコ系を見てうまそうとは思いませんが、
ツムブリや手頃な大きさのアジ系を見てうまそうと思うのはどうしてでしょうか?

泳いでいる姿から想像している訳ではありませんね。
お皿に乗った状態を想像してついついうまそうとそう思うでしょう。
つまりそれだけ日本のダイバ?はグルメって事でしょうか?

昔の魚類図鑑は水産と言う立場が主流でしたから美味とか不味とかをよく目にしましたが、
最近は鑑賞と言う視点で発行されていますからキレイ等の外見が主体ですね。

でも、カニやエビなんか小物は鑑賞対象の域を出ませんが大物になるとついつい旨そうって・・・
イカやタコもそうですね、撮りたい?けど獲りたい!!って・・・
オニダルマオコゼやエソを見て旨そうとは思わないのはおでんの具になるからでしょうか。

干すと堅くなるサカナだから鰹(カツオ)とか。
春が旬のサカナだから鰆(サワラ)とか。
魚をいっぱい食べる民族らしい名前の決め方ですよね。

頼れるから”タニヤン”って言うより、
あぶないおじさんだから”タニヤン”って・・・・なんでそうなるの??


IMG_1400.jpg
 

17:20:56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ホッとする海がいい・・・

2006 / 11 / 23 ( Thu )

あなたは知らない所でお友達から何て呼ばれているかご存知ですか?

〇〇ちゃん、〇〇君、〇〇さんなら大丈夫、〇〇!!でも許せるでしょうが、
もし〇〇か、とか〇〇か?とか言われている様でしたら要注意です。

”か”には軽んじられている。気にも止めてもらえない。論外と言う意味が含まれ
それも”カ?”と伸ばされるに至っては人格さえ無視されているかもしれません。

まだ意味がよくご理解頂けない様ですね。
ダイビング中にクロハギ、オビブダイやベラ達を見た時にどう思いますか?
ほとんどのダイバ?がまたベラか、とかブダイか?って事になりませんか?

しかしナポレオンやクマノミを見た時はどうでしょう?
ワ?ッ、ナポレオン!ナポレオン!!と最低2回は連呼します。

サメやカメに至っては、アッ、カメ、カメ、カメ!と最低3回は連呼します。
でも不思議とカンムリブダイやイソマグロは1回ですが敬愛がこもっていますね。

”カもの”は見てる時間も短いし気も入っていません。
ほとんどが流し目状態でチラッと見てあげる程度です。

やはり何処かに個性がないと”カもの”からの脱却は難しいのです。
しかし今更体形や動き、色や柄、大きさ等を変える事もできませんから
ダイバ?達の優しい心使いを期待するしかなさそうです。

人と同様にサカナも決して平等には扱ってくれませんが
サカナ達はまだ救われる道が残っていますがおじさん族に至っては最悪です。

容姿の基準もさらに厳しくなり臭いと言うおまけまでついてきます。
”○○カ”と呼ばれない様に日夜ダイエットと歯磨きに精をだしています。

でも、カスミチョウチョウウオは可愛いやね・・・  


P2100001.jpg

15:34:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

青い空と蒼い海がいい・・

2006 / 11 / 22 ( Wed )

真っ青な空って見たことがありますか??バカにするない・・・
じゃ?蒼い海は?見たことあるよって答えた方もほとんどが
水面のことじゃありませんか?

今日は正真正銘の蒼い海の中を見てきました。
この写真がまじりっけなしの純粋な海の蒼なんです・・・・

水深300mを水面から見ています。
どうです?空の青さと青が全然ちがうでしょう?

・・・でも不思議です。
どちらの青も接していると元気が充填されてきます。

海水も空気もソバじゃ全然見えない存在なのに、
無限の環境だと青色でその存在感を示します。

今日はあまりにも海も空も見事な青だったので撮ってしまいました。
ひょっとして海からのbirthday presentかな??


P1010023.jpg
青い空と・・・


P1010024.jpg
蒼い海・・・

16:30:21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

| このブログのTOPへ | 次ページ

 

powered by FC2ブログ. 【FC2広告】

FC2Ad

,

 

このサイトに関するお問い合わせは、ダイビングショップ デジャヴ 京橋店まで
〒534-0024 大阪市都島区東野田町1-5-1 Kぶらっと
URL http://www.djv.jp/ e-mail info@djv.jp TEL 06-6351-2999 FAX 06-6351-9991

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。